Skype For Business をアンインストールしないと Office がインストールできない

投稿者: | 2019年10月25日

Windows 10 を使っています。この度、Office 製品を新しくしました。Office 製品をインストールしようとしたところ「Windows インストーラー版の Skype For Business がインストールされているので、インストールできない」というエラーメッセージが表示されました。そこで、Skype For Business をアンインストールしようとしたのですが、それもできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

こんな感じのエラーメッセージが表示されたのかと思います。

問題が見つかりました。申し訳ございません。コンピューターに Windows インストーラー版の Office プログラムがインストールされているため、Microsoft Office インストーラーで問題が発生しました。
※このエラーメッセージの画像は、似たような感じに作ってあります。

既にインストールされている Skype For Business は、下記ページからダウンロードしインストールした「Windows インストーラー テクノロジ(MSI)形式」のものと考えられます。

Download Microsoft Skype for Business Basic from Official Microsoft Download Center

2019年10月現在、販売されている Microsoft Office 製品は、「クイック実行(C2R)」タイプです。

Skype For Business は、Office 製品の一部なのですが、インストール形式が MSI と C2R で違うので、このようなエラーが発生します。

参考:同一コンピューターでクイック実行および Window インストーラーを使ってインストールされた Office はサポートされない – Office サポート

そこで、MSI 形式の Skype For Business をアンインストールします。単体の MSI 形式でインストールした Skype For Business は、「Microsoft  Office 365 ProPlus」の一部の製品の Skype For Business と違って、単体でアンインストール可能です。

参考:Skype For Business をアンインストールしたい

ところが、これもエラーになってアンインストールできなかったとのこと。そんな場合は、下記ページの「オプション 2 – アンインストール サポート ツールを使用して Office を完全にアンインストールする」でアンインストール作業をしてみてください。

PC から Office をアンインストールする – Office サポート

Skype For Business が完全アンインストールできたら、Office 製品をインストールします。

なお、Skype For Business は、Microsoft Teams へ移行していることでしょう。そして、2021年7月31日には、Skype For Business が廃止されます。

Skype for Business Onlineの提供を2021年に終了 – Windows Blog for Japan

しかし、まだ、Skype For Business も使っているという場合は、下記ページから C2R の Skype For Business をインストールしてください。

スタンドアロン クライアントのビジネスの基本の Skype をインストールする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です