Power Apps で自社アプリを作成

投稿者: | 2020年1月28日

自社の業務を効率化させるために、Power Apps で自社アプリを作ってみませんか?

Power Apps は、プログラミングの知識がなくてもアプリが作成できるツールです。SharePoint と OneDrive for Business が利用できる下記法人用 Office 365 のプランで利用可能です。

  • Office 365 Business Essentials
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

Power Apps でのアプリ作成方法は、Microsoft Docs の下記ページで学べます。

PowerApps でキャンバス アプリを作成する – Learn | Microsoft Docs

「Power Apps の概要」から入れば、簡単にアプリ作成できました。そして、カスタマイズする方法やアプリの管理方法を学んでいくと、自動的にアプリを共有することまでできました。

共有されたアプリは、デバイスに下記 Power Apps Mobile をインストールして、法人用 Office 365 のアカウントでサインインすると利用可能です。

ただし、Microsoft Learn | Microsoft Docs は、日本語に機械翻訳したページです。一部、日本語に翻訳しすぎている部分がありました。デモ用にダウンロードして使う、Excel ファイルの項目が英語表記なのに、説明ページでは日本語化されています。この部分が自分の画面と一致しません。ダウンロードした Excel ファイルを一度開いて、項目などを確認しておくといいでしょう。

Excel ファイルは、「テーブルとして書式設定」がわかると簡単です。これを応用して、自社アプリを作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です