Microsoft Teams で画面共有

投稿者: | 2019年7月11日

Microsoft Teams で画面共有ができると聞きました。どのようにするといいのでしょう?

Microsoft Teams は、Skype For Business に代わるチャットや通話、オンライン会議ができるツールです。

会議の開き方や参加方法など詳細は、Microsoft Teams | Office 365 検証の館 でどうぞ。

Teams アプリでオンライン会議に参加できたら、「共有トレイ」を押します。

Teams アプリ内のツールバー

「共有トレイ」の中には、現在、Teams で共有できるアプリやデスクトップやウィンドウ、SharePoint 内のファイルなどが表示されます。共有して相手に見てもらいたい項目を選択します。

「共有トレイ」が開いた Teams

※デスクトップ画面やデスクトップ上のアプリが共有できるのは、「Microsoft Teams」アプリで会議に参加した場合です。ブラウザから会議に参加した場合は、デスクトップ画面やデスクトップ上のアプリの共有ができません。

例えば、現在、記事を書いている「Live Writer」アプリを選択してみましょう。

「共有トレイ」でアプリを選択

共有したウィンドウに赤枠が表示されます。

共有したアプリが赤枠で囲まれた

そして、相手の Teams には、共有されたウィンドウだけがこんな感じで表示されます。相手の「制御を要求」ボタンを押し、主催者が許可すると、遠隔操作することも可能です。

Teams での参加者から見える画面

参加者の Teams のツールバーには、「制御を要求」ボタンがあります。これを押します。すると、主催者が許可すると、共有されている画面やウィンドウを遠隔操作することも可能です。

参加者の Teams  ツールバー

すると、主催者側にコントロールされることを許可するかどうかの確認バーが表示されます。これを「許可」すると、共有されている画面やウィンドウを遠隔操作することも可能です。

主催者への通知

許可した制御を止めたい場合は、許可した際にバーが表示された当たりの上部にマウスを持っていくとバーが再表示されます。「コントロールをキャンセル」を押すと、制御を解除できます。

制御を止めたい場合

なお、共有した側の Teams アプリ内には、共有したウィンドウが表示されません。

主催者側の Teams アプリ

主催者側の Teams でバーを表示させ、「共有を停止」を押すと、共有していた画面がウィンドウの共有を止めることができます。

主催者側の Teams ツールバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です