法人用 Office 365 でサインアウトすると

投稿者: | 2020年3月30日

Windows 10 で法人用の Office 365 を使っています。Word や Excel などを起動すると、サインインしていることがわかります。これをサインアウトして使うとどうなるのでしょう?

最近の Office 製品は、サインインして使います。サインインしていることは、Word や Excel を起動した際、タイトルバーの右上にご自身のユーザー名が表示されます。また、「ファイル」-「アカウント」を表示させると、「ユーザー情報」にサインイン中のユーザー名などが表示されます。

Office 365 ProPlus の「アカウント」

Office 365 ProPlus や Office 365 Business といった、法人用 Office 365 製品は、会社や学校、NPO といった組織が Microsoft と必要な人数分のライセンスを購入します。Microsoft と契約が完了したら、IT管理者がライセンスをユーザーに割り当てます。ライセンスを割り当てられた各ユーザーは、自分のアカウントで Office 365 ポータルにサインインし、「Office のインストール」を使ってインストールします。インストール後、ライセンス認証はありません。プロダクトキーはないので、後々のために覚えておくという必要もありません。法人用 Office 365 では、自動的にライセンス認証されます。

ただし、法人用 Office 365 のサブスクリプションが保たれているかどうか確認するため、ユーザーがPCにサインインするたび、ライセンスの状態を確認します。また、30日に1回は、インターネット上に接続し、Office の機能を更新させる必要もあります。

おかげで、IT管理者は、どのPCにどのプロダクトキーを使ったのか、と言った記録を取る必要がなくなりました。ユーザーが変わった場合は、IT管理者がそのユーザーを削除します。削除されたユーザーは、ライセンスがなくなりますので、法人用 Office 製品をインストールすることができなくなりますし、インストール済みであっても利用権利がなくなります。

さて、Windows には、起動する際に自分のアカウントでサインインします。では、Office を起動する際にサインインしなかったらどうなるのでしょう?

試しに、Office 365 ProPlus でサインアウトしてみました。Office 製品の「アカウント」-「ユーザー情報」には、何も表示されなくなりました。

「アカウント」の「ユーザー」情報

しかし、次に Office 製品を起動した際、サインインするよう促されます。

サインインして Office を設定する

それでも、「サインインまたはアカウントを作成しない」で進むと、プロダクト キーを入力するよう求められました。

プロダクト キーを入力します

法人用 Office 365 の場合は、プロダクトキーがありませんので、入力できません。そこで、プロダクトキー入力画面を閉じると、「ライセンスのない製品」となってしまいました。

ライセンスのない製品

「ライセンスのない製品」と表示されると、Office 製品は、機能が制限されます。Office 製品のファイル閲覧は可能ですが、編集や新規作成が

法人用 Office 365 は、サインアウトして利用できません。

参考:Office 365 ProPlus のライセンスおよびライセンス認証の概要 | Microsoft Docs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です